施工例紹介

和の魅力

蔵のある離れ屋

築60年の納戸を茶室を兼ねた書院造の和室と洋間と蔵に建替え。

主屋から廊下でつなげることで使い勝手が良くなった。

床柱には秋田杉前杢、床框は欅、脇床は松を使用。照明は天井埋め込みで障子を通したやわらかな灯り。

  • AFTER
    和室と広縁を仕切る雪見障子の腰板には屋久杉の板を使用。
  • AFTER
    ヨーロッパをイメージした洋室
    読書をしたりゲストルームとしても多目的に使える
  • AFTER
    和室の奥に設けた水屋
    和室には炉もあり、本格的な茶室になった。
画像クリックで拡大します
ページトップへ戻る